Aie You Experienced ?

藍 絵公 式情 報
aie off icial in format ion

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -
0

    花咲かショック!!

     [moorworks presents Anathallo Japan Tour 2008] 
    柏公演アイエはツアーファイナル!



    山形のmoorworksの招聘により、シカゴを拠点に活動中の7人編成バンドAnathalloが来日します!なんと我々、そのツアーにほぼ同行出来る事が決定したのです!最終日一歩手前の12月12日には、千葉県の柏アライブにて、アイエ自主企画を行ないます。Anathalloも好きだというBuddhistsonを迎え、スリーマン!先日日本盤がリリースされたばかりの新作「Canopy Glow」も素晴らしい彼等と、1月7日に4枚目のアルバム「Slowdance」をリリース予定のBuddhistsonを是非見に来て下さい!実は、我々アイエも12月26日にアルバムをリリースするのです。 

    Anathallo(from US) 
    http://www.myspace.com/anathallo 

    BUDDHISTSON 
    http://www.myspace.com/buddhistson 

    aie 
    http://www.myspace.com/aiespace 

    前売 ¥2000 / 当日 ¥2300 (without drink) 
    開場 18:30 / 開演 19:00 

    [moorworks web] 
    http://www.moorworks.com 
    http://ameblo.jp/anathallo/ 
    (↑こちらのブログでアナサロ来日最新情報をキャッチ出来ます!) 

    [ticket info] 
    柏ALIVE : 04-7143-2088 (
    http://sound.jp/alive/
    moorworks : anathallo@moorworks.com 
    (全来日公演が、上記のアドレスにて予約可能です!) 
    aie : aie-mail@hotmail.co.jp 
    aie : mmmmsc@hotmail.co.jp 

    アナサロ来日が近づいて参りました。12月12日には、我々アイエの自主企画公演があります。今回の企画名は、アイエ内アナサロ第一発見者であり、死ぬほどアナサロが好きな大きいほうのギターボーカル堀崎氏によって名づけられた
    「花咲かショック!!」
    です。アナサロの前作「フローティングワールド」にて、「hanasakajiji」というジャパニーズレジェンドオールドパッションストーリーから影響を受けて制作されたであろう楽曲であり、それはそれは、我々日本人のハートをキャッチしたのです。その曲名にあやかって、真冬の花の金曜日にそれこそ花を咲かせて衝撃を感じたいという意図で名づけられた・・・と、概ねそういった事に違いないタイトルです。初めてそのタイトルを聞いた時、ワタクシは「だよね。」と「ふむふむ。」で大納得しました。凄く良い名前だと思います!アナサロのメンバーには、日本に住んでいた方もいる経緯があり、日本公演が実現する事自体がそれはそれだけでも、思い入れの深いものであるに違いないと勝手に確信しています。日本の音楽や、物語への憧れ、興味、好奇心など、様々な感情が彼らには、各々内に秘めたものがあると思いますが、ありのままのジャパンを感じられるよう配慮したいと思っております。それと、日本という国を自らわかっていないネオジャパニーズマインドな日本人(ワタクシを含め。)からみたアナサロというのにも個人的に興味があって、とても楽しみです。12日に関しては、ブディストサンという日本を代表するエモーショナルロックバンドも出演します。日本で、突出したバンドであると心から思っている数少ないバンドです。エネルギーのベクトルが「美メロ」へ限界破裂(前作にて限界まで達したと思ったのにも関わらず、新作は「限界は何処だ」へと早変わり!)寸前!知らない方へ説明すると、もう10年近く活動をしていて、メンバー加入などもありながら、今まで3枚のアルバムをリリースしています。一枚目は残念ながらもう手に入らないのですが、エモなんて言葉の無い時代にロック色の強いミネラル / グロリアレコード / クリスティーフロントドライブのようなサウンドを大放出!二枚目は、ラストラムから変拍子が異常な程気持ちいいセンスのカタマリが、耳の穴から脳髄へ寄り道一切無しの大名作!三枚目にして、セイムタイトルを冠したその名も「BUDDHISTSON」は、説明不要!聴いてください!我々は、このバンドがいなければ、もうバンドをやっていなかったかもしれません。ホントに。12月12日は、アイエとしてはツアーファイナルになるので、全てを開放して2008年を終えるかもしれません。今年最後のライブではないけれど、多分全部出ます。そんな我々、「スジガネイリのジャパニーズワビサビ」を見せますので、是非遊びに来てください。勿論バンド数も少ないので、セットリストも長いです。それと、柏は、都心からでも充分近いです。遠いっていう人もいますが、個人的には絶対近いです。千葉県北西部で、埼玉、茨城、東京も近いです。緑のラインが異様に渋い常磐線です。柏アライブは、とてもとても良いハコです。人生を変えられてしまう程良いハコです。断る理由の無い人は、是非遊びに来てください。お願いします。

    *ディスクユニオンのフォロウアップにも載せて頂いた(はず)の文章も載せておきます。

    「Anathalloが来日する」と初めて聞いた時は、念願叶い感極まり、「moorworksからリリースする」と初めて聞いた時は、驚愕大仰天の発覚実現で、「US盤はanticonからリリースする」と初めて聞いた時は、嘘みたいな事実に耳を疑い、「aieとのカップリングツアー」が決まった時は、メンバー一同失神寸前!心臓が度々止まってしまいそうな程に圧倒される驚きと歓喜によるオンオフの連続の最中、実現されるまさかの来日公演大決定!そのまま人類の脳内占領必至です!「日本国内での、知名度は、正直言ってほとんど無いと思います。ただ、一度聴けばこの良さがわかるはず!!!!」なんていう安易で、陳腐な謳い文句なんてどうでもいいから、早く!早く!早く!来日!来日!来日!目撃!目撃!目撃!一応、紹介文という事で、説明させて頂きますと、Anathallo(アナサロと読む!)は、シカゴ(奇跡の街!)を拠点に活動している女性含む7人編成の大所帯フェスティバルロックバンド(なんだそりゃ?と思った人も聴けばきっと納得するさ!)です。今回の来日は、「Canopy Glow」という新作のリリースに伴い、行われる公演です。宮城、山形の良心 「moorworks」による招聘(7人も来日させて、ツアーを行うという事は、とんでもなく大変な事なのです。尊敬の念を込めて。)で、まさかの実現!前作では、「カサノホネ」や「ハナサカジジイ」といった日本からの影響の強い曲もあり、親日家であるとの事。ただ、ワタクシのような男の駄文では、到底伝わらない音の塊。とにかく心から素晴らしいと思える数少ないバンドなので、是非!究極の事を言ってしまえば、日本でAnathalloを見る事が出来るという事実は、日本の宝の一つなのだ!だ!



    高校生へ朗報!

    高校生のアナタ!あなたは、学生証明書を見せれば、学割が利きます!高校へ行ってない若者も年齢を証明できる事が出来れば勿論オッケー!これで、親の財布から一旦くすねる「若気の至り」もせずにすむね!もし「それでも俺はくすねるぜ!」という場合は、罪悪感を忘れるな!

    アナタは、1000円+ドリンク代で入場可能!
    (12月12日柏アライブ公演の際に、限ります。)

    ※変装や、若作りを実行し、年齢をごまかしたりする予定の人は、連絡ください。そこまでして見たいなら、なんとかします。大学生、専門学生は、学割は利きません。金が無いという人は、勿論連絡ください。あと、日本の未来を考えてください!

    photo by アイエ - -
    0
      << 11月8日アイエ自主企画について | main | 遂に >>

      スポンサーサイト

      photo by スポンサードリンク - -
      0









        http://aieaieaieaie.jugem.jp/trackback/24

        blog information

        >> Latest Photos
        >> Recent Comments
        >> Recommend
        >> Recommend
        >> Recommend
        >> Recommend
        >> Mobile
        qrcode
        >> Links

        このページの先頭へ